Entry MyPage
「人で選んだら、トーカイでした」。入社の決め手を尋ねると、そう返ってくることの多いトーカイ。就職活動をするなかで福祉や環境、健康の分野に進むなら、この人たちと働きたいと思うのだそう。では、当の本人たちはどう思っているのだろう?年齢も、キャリアも、部署も違う5人の話に耳を傾けてみました。インタビュアーは、2016年入社の期待の新人・西田です。

01 自分のことを
知ろうとしてくれた

02 ごく自然に子育てに
協力する風土

03 5人の仕事とやりがい

04 豊富な研修から感じる
人への想い

05 仕事とプライベートの
これからのこと

06 学生のみなさんへ

座談会 参加メンバー

  • 濱 佐都美 SATOMI HAMA体育学部 体育学科 卒

    1987年、同年トーカイが開校した「日本女子ゴルフ専門学校」の教員として入社。女子プロゴルファーの育成に尽力する。1995年、第1子を出産し、育児休業休暇取得社員第1号となる。1997年に第2子、2001年に第3子を出産。2000年に(株)トーカイへ出向し、2003年に転籍。現在、シルバー事業本部58拠点の事務を統括する立場で指揮を執りながら、性別や年齢に関わらず自分らしく働ける道を切り開いている。
  • 伊藤 恵美 EMI ITOH社会福祉学部 社会福祉学科 卒

    2004年入社、寝具リネンサプライ事業本部へ初の女性営業として配属。2006年1月に秘書課へ異動し、2009年、結婚を機に人事部へ異動。2012年、第1子を出産し、産休・育休を取得。2013年の復帰に伴いシルバー事業本部 業務部事務センターへ異動し、後に第2子を出産。2度目の産休・育休を取得し、2015年に復帰。現在は、時短勤務制度を利用しながら、事務センター内の提供票チームリーダーを務める。
  • 土田 のぞみ NOZOMI TSUCHIDA地域科学部 地域科学科 卒

    2006年入社、人事課に配属となる。労務管理、採用業務を経て、2009年に結婚。翌年、夫の東京転勤に伴い、シルバー事業本部川崎営業課へ転勤。2011年、第1子出産。2012年、夫の転勤に伴い岐阜へ転居。人材開発課へ配属になり、採用業務を行う。2013年に第2子を出産し、2014年復帰。労務衛生課に異動になり、現在に至る。
  • 神谷 清彦 KIYOHIKO KAMIYA経済学部 経済学科 卒

    2009年入社、シルバー事業本部 熱田営業所、岐阜営業課を経て、2012年より現職。新卒・中途採用と研修などの教育を担当。同年結婚し、第1子誕生。2日間の育児休暇を取得し、子育ての大変さを知る。2014年に第2子が誕生した際も、2日間の育児休暇を取得。2015年 係長へ昇格し、新入社員のOJT担当に。2016年、第3子誕生。今回も育児休暇を取得予定。
  • 西田 奈央 NAO NISHIDA人文社会学部 現代社会学科 卒

    2016年入社、掃除用具などのレンタルを行うリースキンの商品を扱うL.E.C.事業本部へ配属。商品開発業務を担当。2016年に発売された女性向け全自動開閉式サニタリーボックス『ルーナスPlim(プリム)』は、西田が入社数か月の頃にチャレンジした新商品のネーミングの社内公募で採用を勝ち取ったもの。小さな成功体験を積みながら、日々成長中。