住宅改修について

住宅改修の範囲

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. その他1~5までの住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

住宅改修の流れ

流れ市区町村によって申請方法が異なります。

  1. ケアマネジャーに相談、改修内容を決め、見積もりを取得します。

  2. 住宅改修の支給申請書の一部を保険者(市区町村)へ提出します。 【提出書類】
    1.申請書、2.住宅改修が必要な理由書、3.工事見積書、4.住宅改修後の完成予定がわかるもの(写真または簡単な図を用いたもの)、5.住宅の所有者の承諾書

  3. 保険者(市区町村)は提出された書類により、保険給付として適当な改修かどうかを確認します。

  4. 施工・完成。

  5. 工事費用を全額支払います。

  6. 正式な支給申請を保険者(市区町村)へ提出します。 【提出書類】
    1.領収書、2.工事費内訳書、3.住宅改修後の状態を確認できる書類(写真)、4.支給申請書

  7. 保険者(市区町村)は事前に提出された書類との確認、工事が行われたかどうかの確認を行います。

  8. 当該住宅改修費の支給を必要と認めた場合、利用限度額の9 割分(8 割分・7 割分)が2~3ヶ月後に指定口座に振り込まれます。

住宅改修の利用限度額は20万円(税込み)です。

  • 一生涯20万円までの定額です。
  • 利用限度額を超えた金額は自己負担となります。
  • 20万円の範囲であれば、複数回に分けて行った場合でも保険給付を受け取ることができます。
  • 但し、ご利用者の要介護度が著しく高くなった場合及び転居した場合は、再度20万円までの利用限度額が設定されます。

住宅改修の事例

  • 屋外・玄関

    手すりの取り付け屋内から連続した手すりで不安解消

    屋内から連続した手すりで不安解消
    改修前
    壁をつたって出入りしていたが、しっかりと握れるものがなく不安。
    屋内から連続した手すりで不安解消
    改修後
    玄関壁と外壁にそれぞれ手すりを取り付け、つたって移動できるようになりました。

    屋外・玄関の改修事例をもっと見る